【遊戯王 環境考察】屋敷わらし採用率上昇のわけは? サンドラ以外にも要因はあるのです - 泡影で終わる遊戯王

記事一覧

【遊戯王 環境考察】屋敷わらし採用率上昇のわけは? サンドラ以外にも要因はあるのです







ossanです.

7月にサンダー・ドラゴンが登場し,そのあたりの時期から屋敷わらしの採用率が上昇しています.

サンダー・ドラゴンのメタとして使用され始めた屋敷わらしですが,それ以外にも役に立つ場面はあります.

そこで今回は屋敷わらしが環境でどのように活躍しているのか,解説していきます.

↓フォローお願いします!!





屋敷わらし採用率上昇の訳とは?




現環境では閃刀姫,剛鬼,オルターガイスト,サンダー・ドラゴンの4つが環境上位にいます.この中の剛鬼,サンダー・ドラゴンの展開を止めるためのメタカードとして,屋敷わらしは採用率を伸ばしました.


サンダー・ドラゴンなら下記のカードに.





剛鬼は下記のカードに.





それぞれ展開の鍵となるキーカードです.それらを止めるために,わらしは採用率を伸ばしたんですね.


ですがこれだけではありません.他に有効な使用方があったのです.


墓穴の指名者を止めることができる







うららや増殖するGといった手札誘発のメタとして使用されている墓穴の指名者に対し,屋敷わらしの効果を発動することができます.

つまり,相手が展開しようとしたときに自分が増殖するGを使用,それに対し相手が指名者で増殖するGの効果を無効にしようとしても,屋敷わらしを使用することで指名者を無効にすることができます.

結果として増殖するGの効果は有効となり相手の展開を止めることができます.






今回は屋敷わらしの採用率の上昇の理由を解説しました.

これ以外にも使用用途は多いのですが上記の2つの理由が大きいと思い,これら2つをピックアップし紹介しました.

今回は以上です.ここまで読んでいただきありがとうございました.


広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

プロフィール

ossan0423

Author:ossan0423
遊戯王についてのブログです.
最新情報はその日の22:00に更新(フラゲによる情報は扱いません).それ以外は7:00に更新しています.これらの時間以外にも更新する時もあります.
↓連絡はこちら
E-mail:rosugyu@gmail.com
twitter:ossan58836181

広告

管理人のTwitter

アクセスカウンター